家づくり応援ブログ

キッチン・ダイニング

ショウルームを見に行こう!

新築やリフォームを考えた時、設備品も一緒に…と考える方は多いのではないでしょうか?

今回は5/26(土)に移転オープンしたパナソニックリビングショウルームを紹介します。
実は…パナソニックショールームが移転した『富山市根塚町』には各設備メーカーのショウルームがあり、住まいの設備選びの際には必ず1度は訪れる場所です。

 

お客様のニーズに合わせて改良したり、その年のトレンドに合わせた色展開があります。各社それぞれ特徴があるので自分に合った商品を見つけることができます。
今回オープンしたパナソニックショウルームでは設備品を展示するのではなく、多様な事業展開をしているパナソニックならではの暮らしのシーンを切り取った展示が多く、生活動線を実際に体感できるよう工夫されているのが特徴です。

■参照:http://sumai.panasonic.jp/sr/toyama

 

キッチンコーナー

キッチンの高さや、吊戸棚の高さを実際に体験することができます。
実際に高さを体験できるので、生活してから違和感を感じる事がなくなります。

 

キッチンコーナーと洗面コーナー

家事楽動線の一例としてキッチンから洗面脱衣室への動線を再現しているスペースです。
洗面脱衣室には収納式の物干し(ホシ姫サマ)の体験もできます。洗面脱衣室で洗濯物を洗う→干すができるタイプの間取りはJAホームも多くご提案しています。

 

内装材・外装材の照明体験コーナー

3つ同じ壁紙と床材ですが照明によって素材の色が変化して見えます。
最近では調光タイプの照明が多く、食事シーンや家族の団欒のシーン、また調理シーンなどに合わせて切り替えができます。
また決定したサンプルを持参する事で、より実感みのある体験することができます。

 

住まいのエネルギー&暮らしのシーン展示

キッチン、内装材、省名までパナソニックでトータルコーディネートされた空間には、今話題のスマートHEMSのやシーンにあった明かりの演出、家事ラク体験の他に停電時の復旧体験できるLDKとなっています。

 

番外編:ショウルームのトイレ

意外と見落としがちな場所としてショウルーム内のトイレは実際に使用できる体験型となっています。
女性用トイレはそれぞれ2つの異なる雰囲気のトイレとなっていました。

 

またピンクの可愛らしい雰囲気のトイレにのドアには両面柄の異なるドアが採用されていました。空間のイメージを壊すことなくお部屋のインテリアを楽しむことができます。

各社ショウルームを見学に行かれる際には、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?
以上『ショウルームを見に行こう!』でした。

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

後藤

広告の作成やイベント情報の更新などをしています。

後藤

0766-55-3520