家づくり応援ブログ

断熱・耐震・構造

リフォームで耐震補強

 

JAホームでは、新築はもちろん、リフォームにも力を入れています。

その中でも、ただの模様替えではなく、新しいライフスタイルにあった、間取りに大きく変える

大規模なリフォームも数多く手掛けております。

間取りを変えるようなリフォームの場合は耐震に対する注意も重要で、

特に、日本では昭和56年に耐震基準が制定されていますが、それ以前に建てられた住宅は

特に注意が必要です。

 

JAホームではプランニングに入る前に既存住宅の間取りや高さはもちろ床下や天井から、梁や桁、柱、土台、基礎など構造の状態、湿気などの床下や室内の環境等を調査し、リフォーム後、間取りや仕上げ材だけではなく、構造や環境面でもより良くなるご提案をしております。

天井裏から点検しています。

床下の土台や大引きに古材を使っている場合もあります。

 

事前調査にもとづいてプランニングし、必要に応じて補強をご提案しています。

筋違等の壁面の構造が弱い住宅多く筋かいや補強金具で補強します。

柱と土台、桁に斜めに入っている木材が筋違です。

 

間取りを大きく取りたい場合は柱と梁の補強も兼ねた門型のフレームを

はめ込み補強する場合もあります。

少しわかりにくいですが中央右寄りの柱と梁の間に門型フレームをはめ込み、

金物でしっかり固定しています。

 

ただ筋違だけで補強しても基礎としっかりとつながっていて効果を発揮します。

筋違で補強する部分に基礎がない場合は、基礎を新たに作り、しっかりつなげることも大切です。

 

耐震補強は住宅全体のバランスも重要で、やみくもに補強をしても本来の効果は発揮されず、難しい面もあります。

住宅を新築する場合は国で制定させた耐震基準以上の構造で設計され、審査機関でチェックを受けてますが、

リフォームの場合は明確な基準や義務はなく、設計者や施工会社によって違いがあると思います。

 

JAホームでは、経験豊富なスタッフが調査、プランニング、施工を行い、適切なご提案を

いたします。

調査やプランニング、お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せください。

 

 

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

武田

工事とメンテナンスを担当しています。住まいのお困りごとがございましたらなんなりとご相談ください。

武田

0766-55-3520