家づくり応援ブログ

家づくりノウハウ

工事が完了すると

お客様とのご契約をただいた後は、各審査機関に公的書類(確認申請許可、43条申請など)を申請します。新築工事の場合は、地鎮祭を行い、地盤改良工事、基礎工事が開始します。(事前に地盤調査をし、軟弱地盤でない事が確認されれば無い場合もあります。)

また、リフォーム工事では、お客様が工事期間中、生活できるように、車庫やリフォーム範囲外でにて、仮設流し台、トイレ、お風呂を設置し生活できるようになった時点で解体工事に着手します。(仮住まいについては、工事の内容・範囲・スペースで異なるのでその都度 JAホームスタッフが伺います。)

建築規模、外構工事の有無、工事期間中の季節によって工期はさまざまですが、担当者検査、各審査機関の検査、担当者検査、社内検査、施主検査を実施し、それに伴う手直し工事が完了する手順を経て、お客様へのお引き渡しをします。

竣工引渡しの実施

全ての手直し項目が完了、確認されれば事前に、工事担当者とお客様との間で日柄も含めて引き渡しの日時が決定されます。

お引き渡し日前には、設備機器(システムキッチン、便器、ユニットバス、洗面化粧台、床暖房)のお客様への現地説明を行います。お引き渡し日には、工事に携わった担当者とお客様との間で書面も含めてお引き渡しとなり、以降は、備品(家具、電化製品など)搬入可能となり、新居での生活がスタートします。

お引き渡しの内容

① 手直し工事の確認
・社内検査チェックシートにより事前に社内検査を行い、引渡し時に再確認します。
・お客様の気になる点、残りの工事の確認をさせていただきます。

② 追加増減工事金額の確認
・事前に取り決めを行った追加増減金額の確認をさせていただきます。

③ 住宅履歴情報ファイルの説明
・竣工引渡し品一覧表の順番に書類の説明をさせていただきます。
・公的書類、保証書関連の説明を行わせていただきます。
・住まいのお手入れ方法の説明を行わせていただきます。
・アフターメンテナンスの説明(定期点検)を行わせていただきます。(3ケ月、6ケ月、1年、3年、5年、10年、12年、15年) ※10年以降は任意です。

④ 竣工時引渡し品一覧表に記名押印を頂きます。
・重要書類について渡し忘れがないか再度確認させていただきます。
・鍵の本数を確認の上、お渡しさせていただきます。
・設備商品取り扱い説明書、保証書をお渡しさせていただきます。

⑤ 工事完了引渡し書に記名押印を頂きます。
・JA友の会への入会を確認させていただきます。入会いただければ、Jメール(お役立ち情報など様々な内容の広報誌です。)が3ヶ月毎にお届けします。

竣工引渡しのメリット

引渡し後は、お客様の財産となり、これからの一生のお住まいになります。

設備機器の取り扱いも含めて、いつまでも快適で清潔であってほしいとJAホームは考えています。
引渡し後も気になる事、些細な事でもお気軽に相談して下さい。お客様が納得のいかれるまで対応します。

JAホームでは、お客様と、工事の着工~完成からアフターメンテナンス迄末長くお付き合していきたいと考えています。

 

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

田江延吉

工事課所属   健康第一を優先に日々を過ごしています。家づくりを通して少しでも皆様のお役にたてれるように頑張ります。

田江延吉

0766-55-3520

アーカイブ