家づくり応援ブログ

家づくりノウハウ

床暖房のススメ

今年の雪の多さには参りますね。近年の暖冬に慣れきっていましたが改めて富山は雪国であることを実感させられました。日中の最高気温が氷点下だったり、最低気温が-4℃や-5℃といった日が珍しくない今年の冬、みなさんどのような暖房器具でお過ごしでしょうか。こたつ・ストーブ・ファンヒーター・蓄暖・エアコン等が主だと思いますが、私の一番のオススメはヒートポンプ式の床暖房です。実は私の自宅にも採用しているのですが、この寒い時期もエアコンを動かすことなく床暖房のみで快適に過ごせています。

床暖房のメリットは? 

 ・エアコンやヒーター等のような気流がないので、体に風があたり不快ということがない。

 ・音が発生しない。(室外機の音だけなので、室内はとても静か)

 ・直接肌が触れる足元が暖かく感じられ、また床面からの輻射熱で部屋全体が温まる。

 ・灯油燃焼系器具のように空気を汚すことがないので換気の必要がない。

  などなど。

 

デメリット(注意点)は?

・イニシャルコスト(導入費用)が高い。

これは床暖房を検討される方が一番悩まれる部分です。確かに高いことは否めませんが、実際に使用した時の快適性や、新築やリフォーム等建築工事を行う際でしか施工できない(後で簡単には取付できない)といったことを考えると、多少無理をしても採用したいところです。

・メンテナンス費用が必要。

メーカーや機種にもよりますが温水式の場合、不凍液の交換や熱源機の寿命などでの費用が発生。

・意外に乾燥する。

床暖房は乾燥しないといった記事が見受けられますが、エアコン等と比べればそれ程急激な乾燥はしないということで、室内の水分量が増えなければ、室温が上がるにつれ湿度が下がるのは自然の法則です。ですので、乾燥が気になる場合は加湿器などで湿度を調整することが必要です。

・床暖房の快適さを十分に体感するには住宅の高い性能が必要。

せっかくの床暖房も住宅の断熱性能が悪かったり、隙間が多かったりすると、熱がどんどん逃げていき、とても床暖房メインで冬場を乗り切るなんてことはできません。しかし、

JAホームの高い性能であれば床暖房だけでも快適です!

(実はこれが一番言いたかったことです!)これは私自身が体感しているので自信を持ってオススメできます。

長々と書きましたが、新築・リフォーム等で床暖房を検討されている方、JAホームの綾田展示場・4月OPENの歌の森ヒルズ展示場にも採用していますので、実際の快適さを体感してみて下さい。

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

上田

1才半の娘に毎朝早く起こされ寝不足気味の設計課長です。

上田

0766-55-3520

アーカイブ