家づくり応援ブログ

展示場(富山市綾田)

気密の高い家ってどんなイメージ?

高気密・高断熱の家
気密が高いって?皆様どんなイメージをお持ちなのでしょうか。

「息苦しそう・・・」とか漠然と想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

その昔吉田兼好が徒然草にて
~家のつくりやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる~

と書いたように、古き良き?日本文化では、冬の寒さは衣服を重ねて着ることで凌げるが、夏の暑さはどうしようもない。。。と、夏の過ごしやすさを重視して家を造ってきたのです。
ですが、時代は流れ環境も変わります。この本が書かれたのは鎌倉時代末期とのこと。

 
夏涼しい日本の家


今の時代、夏をエアコンなしで過ごし、冬には家の中でも外に居るような重ね着をしている人は殆どいないのではないでしょうか?
(もしそうなら入浴時のヒートショック率が上がると思います)

 

出来ることなら家の中では年中薄着で快適に暮らしたい!そう考えますよね。

これからは「夏は涼しく、冬は暖かい」

しかし寒い冬の日、家中を温めるには相当のエネルギーを要します。
地球環境を考えると、そう無駄にエアコンやストーブをバンバン使用するなんてことはできません。

高気密・高断熱の家なら、床暖房やエアコン1台だけでも家全体を温めることが可能ですし(もちろん間取りも影響しますが)、部屋間の温度差のストレスをなくせます。

24時間換気システムも気密が高い家ほどしっかり機能し、結露の発生も抑えることができます。気密が高いイコール息苦しいにはなりません。

 

JAホームの新築住宅では気密測定をしっかりと行っています。
気密測定の様子(←クリックしてください)

 気密性能値「C値」(隙間相当面積)の測定
目標数値を得られるまで、隙間をくまなくチェックします。

ちなみに綾田展示場の測定結果のC値0.4/㎡は、
床面積105.75㎡に対して42.3㎠の隙間があるということになります。
1辺が6.5cmの正方形くらいの大きさですね。

このモデルハウスは、広くとった土間スペースで外とのつながりを感じられます。
土間は冷えるというイメージがありますが、ここでは土間にも床暖房を施してありますのでその心配もありません。

寒い日でも快適に過ごせる気密の高い家を是非体感してください。

以上、気密の高い家ってどんなイメージ?・・・でした

 

 

 

 

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

布目

最近の癒しは猫と漫画です。。。 今年こそは本気でダイエットに取り組みます=^_^=

布目

0766-55-3520

アーカイブ