家づくり応援ブログ

キッチン・ダイニング

節水するにはどうしたらいいの?と思った時に

節水と聞いたらどんなことを思い浮かべますか?
一昔前なら、使用する水の量を減らすには

こまめに蛇口をひねって無駄水を使わない
洗濯ものはできるだけまとめて
お風呂はなるべく家族が同じ時間帯で

というふうに工夫されていたのではないでしょうか。

日々の意識の高さはもちろん必要なのですが、近年いろんなことが便利になって
機器を変えることで、節水も簡単にできるようになりました。

例えば

トイレ

近年発売されている腰掛便器は従来の約1/3の洗浄水量で使用できます。
トイレの水は何気なく流しがちなので、ここでの節水はかなりのものです!
心くんのCMでお馴染みのネオレストは、なんと3.8Lで大洗浄が可能です(床排水)

(それにしても便器は本当におしゃれになりましたね~)

 

お風呂

保温効果の高い浴槽や、断熱材をしっかり使用したユニットバスでは
浴槽のお湯の温度の下がり方もゆっくりなので、足し湯を頻繁にすることがなくなります。

シャワーヘッドにもいろんなタイプがありますね。

TOTOのエアインシャワーは水に「空気」を含ませることで、


水量を少ないと感じさせない仕様になっているんです。
従来のシャワーと比較すると約35%の節水ができるそうです。

ヘッドにクリック機構のついたものも便利ですね

キッチンや洗面の水栓金具

TOTO
『水と湯をしっかり使い分け、湯のムダ使いを防ぎます』
のエコシングル水栓

LIXIL
『お湯を無意識に使うことがないため、無駄な給湯エネルギーを使いません』
のエコハンドル

水とお湯の境には「カチッ」というクリック感が設けてあるので使い分けが簡単です。
混合水栓の場合たしかに無意識にお湯を出していることが多いのではないでしょうか。
これらの水栓ではハンドルの操作で、わかりやすく水とお湯を使用することができます。

 

我が家のトイレも節水タイプのものにしたら、検針票の数字が劇的に小さくなっていました。
昔の便器は気のせいなのか、なかなか壊れることがなかったのですが、
便座がダメになったというご相談をよく受けます。
「この際だから」と便器ごと取り換えられるお宅も増えています。

迷われたらなんでも弊社営業マンにご相談ください(^▽^)/

 

 

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

布目

最近の癒しは猫と漫画です。。。 今年こそは本気でダイエットに取り組みます=^_^=

布目