家づくり応援ブログ

施工現場より

解体工事の前に解体?

先日リフォームをご契約して頂いたお宅へ現場監督として着工前の打ち合わせに行ってきました。
リフォーム工事といえば、まずは仮設工事、解体工事とスタートしていくわけですが、その解体工事において意外な問題点が確認されました。数日後には、着工という段階で、この問題を解消しなければ、着工出来ない大きな問題でした。

解体工事の前に

それは、これから外壁を解体し新しくするリフォームで、軒先に出来た大きなスズメ蜂の巣(活動中)があるために、撤去しないと解体工事の着手が出来ないということでした。さすがにこれは解体業者さんにあわせて解体をお願いする事は出来ません。そこで、至急専門業者に連絡し着工前に解体(駆除)して頂く手配をし、何とか予定通り工事着工出来ることになりました。

ちなみに巣は、活動中の物で直径約60㎝(かなり大きいほうだとおもいます?)活動停止中の物で直径45㎝の合計2個ありました。

専門業者によるとスズメ蜂の活動時期は3月から12月頃とのことで、駆除するには、蜂がひっそり静まっている冬がいいとの事だったのでタイミングとしては良かったようです。
ただ、蜂が巣を作り始める春先の巣が大きくならないうちが一番いい時期だそうです。10㎝程度であれば素人でも撤去出来るとの事でしたが、まず小さい段階では気が付かないし、とても怖くて出来るものでないと思います。

早めの対策

巣の場所、大きさや時期によって駆除の価格は変わるので、予想外の出費にならない様これからリフォームをご検討のお客様におかれましては、一度早めにご確認されてはいかがでしょうか?

 

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

砺波

工事課所属 / 趣味は、映画鑑賞です。

砺波

0766-55-3520

アーカイブ