家づくり応援ブログ

デザイン・設計・素材

富山で家事楽な家を建てるアイディア~間取り編~

 

新しく家を建てる時、リフォームする時、少しでも家事が楽になる家にしたい!という主婦の方が多いと思います。
家の間取り次第で、家事楽な家は決まってきます!
現在、専業主婦の世帯が664万世帯、共働き世帯が1129万世帯であり、年々共働き夫婦が増えてきています。日々家事、子育て、仕事に忙しい主婦の方がたくさんいます。
ところで、毎日の家事で一日どのくらい歩いているかご存じですか?
距離にすると1.5~2km、歩数にすると2000~2500歩と言われています。
その距離を少しでも短くすることが、家事楽な家になる一つの要素だと思います。
家事をする中で一日に最も行き来の多いと言われる「キッチン」⇔「洗面脱衣室」  各住宅会社の工夫により年々その距離は短くなっているそうです。また、洗面脱衣室の広さは1坪が主流だったものが、1.5坪程度に拡大しているそうです。

 

JAホームで提案した家事楽間取りアイディア

 

PLAN-1

①キッチンのすぐ横に洗面脱衣室を配置し、動線を短く、行き来しやすくしました。
②洗面脱衣室を1.5坪の広さにし、室内干しスペースを確保。洗濯物をたたんだり、アイロンがけのできるカウンターを設置しました。
③洗面脱衣室は2方向からアクセスできるので動線がスムーズになります。
④キッチン周りは回遊できるので、食事の配膳、片付けがスムーズにできます。
⑤水廻りをまとめて配置してあるので、日々のお掃除も楽になります。

 

PLAN-2

①洗濯・脱衣室の横にウォークインクローゼットを配置。「洗濯→干す→しまう」という動線を短くできます。
②家族みんなの洋服がしまえるので管理が楽になります。
③玄関⇔クローゼット⇔脱衣室という流れができるので、家族の帰宅・お出かけの動線がスムーズになります。

 

PLAN-3

①パントリー(食品庫)を配置。家族が増えるとストック品が増えます。またストック品を置くスペースがあれば買い物に行く回数も減らせます。
②キッチン横にパントリーを配置したため、最小限の動きで必要な物を手にすることができます。
③オープン棚で収納物が一目で分かるので管理しやすくなります。

JAホームでは、家づくりの計画段階でお客様にヒアリングを行い、ライフスタイルを把握し、お客様に合った動きやすい間取りや改善方法をご提案いたします。

以上、「富山で家事楽な家を建てるアイディア~間取り編~」でした。

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

松本

プラン・コーディネート担当。 猫が大好きで、2匹(オス・メス)飼っています。猫達とのふれあいが一番の癒しです。心地良い空間を一緒に作りましょう。

松本

0766-55-3520

アーカイブ