家づくり応援ブログ

JAホームの考え方・活動

富山で新築orリフォームでお悩みのお客様へ

そろそろ新しい住まいが必要になったなぁと感じはじめても具体的にどういった選択肢があるのかわからない事も多いかと思います。そこで、比較的多くのお客様からご相談いただくケースについて少しお話したいと思います。

 

新築とリフォームどっちがいいのか

そもそも予算的に新築がいいのか、リフォームがいいのかというご相談があります。

理由としては、新築の場合は好きな間取りの家に住めるけれども、土地の購入から建築費用を考えると資金計画に不安あるので、実家をリフォームして2世帯住宅とし、キッチンなどの水回りだけ新しくしたほうがいいのではないかな、というお悩みのようです。

確かに新築の場合は、土地の費用・住宅の本体の費用・カーポートなどの外回りの費用などなど、住宅を建てるまでにさまざまな費用が必要になってきます。いったい総予算がいくらになるかわからないけれどもコストを落とすためにリフォームやローコストの住宅会社に頼もうという考えになるのもよくわかります。

そういう理由もあってか、最近富山で増えつつある新築の考え方として「近居」というものがあります。

近居のメリットについて

これは、親世帯に気軽に行ける範囲内、または。親の敷地の一部を利用して子世帯の新築を行うというもので、資金的にも暮らし的にもメリットが多い住まいかたです。

例えば、本来では計画しなければならないカーポートや外部収納を実家の車庫や格納庫をシェアさせてもらうことにより、住宅本体以外にかかる費用を極力小さくすることができます。また、敷地の一部を提供してもらうことができれば土地の購入費用も浮きますので、富山で造成団地を購入して新築する場合と比較すると総予算で1000万近く差が出ることもあります。またコスト面以外にも「子育てのサポート」「高齢の親のサポート」など、近くにいるからこそお互いに協力し合えることも多く、新築もやり方次第ではコストを小さく抑えつつ暮らしの質を上げることもできます。

リフォームするときのポイント

リフォームの場合はどうなのかというと、気を付けたいのは「今後その家でどのくらい生活していくのか?」という点です。リフォームすればもちろんキレイになりますので、快適になるイメージがありますが、住宅の性能は普段目に見えない部分がポイントになるので、お住まいになった後でないとわかりづらいものです。

例えば、断熱工事がしてあるかないかで、毎月の光熱費が倍以上変わることもありますし、昭和56年以上前の建物は耐震性能の低いものが多い為、今の基準まで引き上げるとなると新築以上にコストがかかってしまうことも多いです。

自分達までこの家に住むのか、いずれは子供に家を引継ぐつもりなのかを事前に計画しておかないと、工事の規模が全然変わってきますので注意が必要です。

 

つまり、新築もリフォームもそれぞれメリットがありますし、一概にどちらが資金的に有利となるかは住まわれる方によって大きく変わります。家づくりの第一歩はしっかりとした将来設計からといっても過言ではありません。

当社ではFPによるライフプランシュミレーションも行っておりますので将来に対する漠然とした不安や悩みもご相談いただけますし、経験豊富な有資格者も多数在籍していますので技術的なアドバイスも随時おこなっております。

JAホームリフォーム工房をはじめ、各種イベントに相談コーナーを設けておりますのでいつでもお気軽にご相談いただければと思います。

以上、「富山で新築orリフォームでお悩みのお客様へ」でした。

 

 

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

北泰

住宅部営業課所属。蜃気楼の見える街魚津出身。 現在は水きららかなふるさと射水在住。 主に魚津・黒部・入善・朝日地区を担当してます。 お気軽にご連絡ください!

北泰

0766-55-3520

アーカイブ