家づくり応援ブログ

施工事例&お客様の声

リフォームでつながる思い出

 

ひとり、ひとりには思い出があります。

物であったり、記憶であったり、形はいろいろです。

住まいにも思い出があり、リフォームではその思い出をつなげられることができます。

もうすぐ完成するN邸もそのひとつです。

まず玄関先のいつも上り下りしていた、式台と框。

リフォーム前は写真のようになっていたのが、
製材をすると、きれいなケヤキの色と木目が表れました。

これだけのムクのケヤキを購入したくても、予算や乾燥状態と考えるとできなかったかもしれません。

次に玄関戸のランマに使われていたガラスです。

奥様がこのガラスを気にいられていて、ぜひどこかに使用したいということで、

寝室のドアに入れることにしました。

このような手の込んだガラスは造ることはなかなかできません。

他に、和室の天井板や構造梁などを再利用してリフォームをしました。

リフォームは制約があって、思ったようにならないイメージがありますが、

以前の思い出を感じながら生活できるのが、リフォームのすばらしいところです。

今後もお施主さまの思い出を大切にしながら、ご提案していきます。

本気で家づくりをはじめようとお考えの方へ

JAホームでは本気で家づくりを始めようとお考えの方に、家づくりのプロとじっくりと 話しができる予約制イベントを随時開催しています。

ただ単に完成物件を見るだけでなく失敗しない家づくりの進め方など、 プロからのアドバイスを差し上げますのであなたの家づくりにぜひお役立てください。

JAホームの
イベント情報ページに進む
この記事を書いた人

谷道

趣味は旅行です。休みの日には何処かへ出かけます。県産材等の自然素材を使った家づくりを心がけています。

谷道

0766-55-3520

アーカイブ